ノスタルジックなアメリカ体験ができる時代村コナー・プレーリー”CONNER PRAIRIE”

アメリカのことを考える時に思い浮かぶ景色はどんなものでしょうか?

マンハッタンの摩天楼、自由の女神、ハリウッドや映画俳優、フィールド・オブ・ドリームスのようなトウモロコシ畑、等たくさんでてきますね。西部劇に代表される西部開拓時代を思い浮かべる人もいるかもしれません。

そう、その時代前後のインディアナ州を再現した街がコナー・プレーリー”CONNER PRAIRIE”です。インディアナポリスのダウンタウンから車で30分くらいのところにあり行ってきたのでご紹介します。

http://www.connerprairie.org/

via: Conner Prairie Interactive History Park

ロケーション

インディアナポリスの北東部にあるフィッシャーズという街にあります。太い道路は州間道465があり、住んでる場所によりますが、近所に住んでる人以外はそこを経由して行くと早いと思います。黄色い気球が目印です。

施設概要

施設は広い駐車場があり、さくっと止められると思います。日曜日も正午からやっていました。中はエリアがいくつか分かれていますが、最初の受付のある建物から行くと、皆さん同じようなルートで左から右のエリアと回ることになると思います。

最初に入る建物には室内で遊ぶ工作コーナーがあります。そこで目にしたこちら。NHKのピタゴラスイッチを彷彿させる道具があり、試しにやってみると、というのはこの施設にとっては全く関係ないことですがピタゴラスイッチの凄さを思い知ります^^;

上述の受付のある建物から出て最初に目にするのが気球です。ここにはちょっとしたファストフード店があります。この施設オリジナルですが、ハンバーガーやサンドイッチなどが買えるので、中で食べようと思って行っても大丈夫です。

更に進むと動物エリア。うちの子は3歳になったばかりという年頃ということが前提ですが、動物がいるエリアはかなり楽しんでいたので、小さなお子さんがいる方にはありだと思います。

羊さんの親子が現れてなんか癒されます。

古き良き時代のアメリカといった街並みで、ノスタルジックな雰囲気が出ています。なんとなくロールプレイングゲームの世界にいるような気分になれます。世界ふしぎ発見で再現VTRが出てきますが、あれにも似てるかもしれません。

トロッコか蒸気機関車が走っていたのでしょうか。線路と駅舎があります。

まとめ

小さなお子さんとピクニックに行って散歩するといった感じで楽しめます。みんな親切で、それも含めて昔の田舎町を再現してくれてるのかもしれませんが、緑の多いところでのんびりしたい家族にオススメです! 
 

コメントを残す