アメリカワインはカリフォルニアだけじゃない!インディアナのワイナリー見学「Oliver Winary」

アメリカでワインというとカリフォルニアワインを思い浮かべますが、インディアナにもワイナリーがありました。インディアナ南部にはいくつかのワイナリーがあり、WineTrailができるようです。工場見学は趣味の一つで色々行きましたが、今回はワインの製造をしているワイナリーに行ってきました。

http://www.oliverwinery.com/

via: Welcome to Oliver Winery

場所

インディアナポリスの南部で、South Centralと呼ばれる地域です。ColumbusやBloomington、先日行ったブラウンカウンティNashvilleなどがある地域です。インディアナポリスのダウンタウンからは1時間弱といったところです。

第一印象

道路から入ってすぐあるのでこんなところに!って思いますが、駐車場を抜けると隠れ家的に庭園が広がっている建物が見えます。行ったのは日曜の昼前だったのですが、オープンが12時からということで、12時前には続々と人が集まってきました。

建物の前には池がありのんびりした雰囲気です。

ワイナリー見学

12時からワイナリー見学開始だったので参加しました。良い点は無料で参加できることですが、残念なのは製造工程まで見ることが出来ない点です。ワイナリーらしい樽をたくさん見れるので見学した気になれます^^;

試飲もあります。試さずに買うこともできます。

たくさんの人が試飲しながら何を飲むか、何を買うか楽しそうに話しています。

ピクニック

このワイナリーはワインの製造とかうんちくよりも、ワインをたのしむ場を提供することを重視しているようで、庭園では家族がピクニックをしています。最初に係の人にもピクニック楽しんでくださいねって言われてた気がします。

こんな感じで、初夏は緑がきれいで清々しいです。

入り口の池とは違った趣の池もあり、

カルガモの親子も心を癒してくれます。

ジャズを演奏する人たちがいて、それを見ながらワインを家族で楽しんでいる人たちがいます。

ほんと、アメリカは余暇を楽しんでる人が多いですね。

まとめ

インディアナポリスから1時間弱で行ける距離に、ピクニックに行くならワイナリーという選択肢もありです。ドライブ+ピクニックで楽しい休日はいかがでしょうか? 
 

コメントを残す