WordPressのプラグイン”Jetpack”と”Headcleaner”を共存させるときに気をつけるべきこと

JetpackはWordPressの純正プラグインとでも言えるようなポジションで、かつ全部入りのなんでもりなプラグイン。様々な機能が入ったこのプラグインを愛用してるWordPressブロガーも多いと思います。

数あるJetpackの機能の一つにStatという分析機能があります。多くの方がweb解析はGoogle Analyticsを使っていて何の問題もなくブログ運営をできているかと思います。私もGoogle Analyticsを使っていますが、このStatsも見ます。というのも、Statsはリアルタイムで今日のアクセス数を見れるので、選択肢として持っておくと便利なんですよね。

前置きが長くなりましたが、そんなJetpackの解析機能Statsが、あるとき動かなくなりちょっと焦ったのでメモしておきます。

Jetpack Statsが動かなくなった原因

ソースコードを自動整形してくれるHeadCleanerの設定変更をした後にログをとらなくなったので、原因は明らかにこいつです。設定を戻せばすぐに元通りになりそうでしたが、せっかく良かれと思ってやった設定を全部戻すのも切ないので、インターネット上を少し探してみると、いやぁさすが同じような方がいるもんですね。しかも原因を教えてくれているので一発で解決しました。

Head Cleanerの機能である「フッタ領域のJSを対象にする」をONにしている時にstatsが正常に動作しない
via:Jetpack for WordPress.comとHead Cleanerの相性問題 – 俺のメモ

JetpackのStatsはフッタのJSでやっているらしく、ここに手を入れてしまう設定の「フッター領域のJSを対象に」ってチェックをつけてしまうとNGです。この設定変更ですぐにStats復活です。助かりました。

Jetpackと干渉するプラグイン

もしもJetpackが動かなくなった場合、Jetpackの管理画面の一番下にあるでバックというところから入れる場所にトラブルシューティングが掲載されています。プラグイン以外にもテーマと干渉するというケースもあるようです。

今回はプラグインのHeadcleanerでしたが、他にも干渉するプラグインがあり、一覧として公開されています。
via:Known issues — Jetpack for WordPress

今回は同じような人のために情報共有してくれてた方がいたのでさくっと解決できて助かりました。みなさんもプラグインの干渉はお気をつけ下さい。

 
 

「WordPressのプラグイン”Jetpack”と”Headcleaner”を共存させるときに気をつけるべきこと」への1件のフィードバック

コメントを残す