iPhone7用ケース「Spigenリキッド・アーマー」

機種変更をしたらまずはケースと保護シートを買う方も多いですよね。
iPhone7用のケースはSpigen リキッド・アーマーを購入したのでレビューです。

理想のiPhoneケース

自分の中で理想のケースは歴代iPhoneの中でiPhone4のときにつけていたソフトでエンボスっぽい加工がされたケースでした。iPhone4は丸みのない四角い外観でしたが、その外観をしっかりときれいに覆い、ソフトなのにサラサラとした手触りですごくしっくりきました。

iPhone6ケース

その後機種変更のたびに同じようなケースを探すものの、いまいちしっくり来るものに出会えず。直近のiPhone6ではメッシュのハードケースを使っていました。

これはこれで見た目もスタイリッシュで良かったのと、一度走ってるときに落としたことがあるものの、大破することなくiPhoneを守ってくれました。不満があるとすればスクリーンの縁に少し隙間ができてフレーム部分が見えるので、カバーしてる感が甘い感じがしてました。

iPhone7用Spigenリキッド・アーマー

今回iPhone7用を探すにあたって、まずはバンパーを探してみました。最近の薄い本体の良さを活かせるんじゃないかと思ったのですが、背面が傷つく可能性もあり、ここは覆ってるものの方が良いと思いなおして探していると、iPhoneケースでは著名なSpigenのケースが良さそうだということに行きつきました。

最初はバンパーと組み合わせるタイプがかっこよく見えたのでそれにするつもりでしたが、よくよく調べると横幅も縦幅も少し大きくなってしまう様子。バンパーなしのタイプの方が少しだけ小さめだったので、少しの差ではあるものの、こちらを選んでAmazonでポチリ!

使用感

あえて投稿している時点でおわかりいただけるかと思いますが、非常に完成度の高いケースです。自分の中の理想のケースといっても過言じゃありません。

まずなんといってもフィット感。iPhoneのラウンドフォルムをきれいに覆い尽くすことができます。これまでのケースのように縁のところに隙間ができたり浮いてしまったりすることもありません。

しかもソフトタイプなので脱着はすごくかんたんです。ぺろりと剥がす感じ。装着したときに縁はガラス面より少し高くなるようにできているので厚みは約10mmになりますが、そのことによりスクリーンを守る効果があります。スクリーンのことが気になる方も安心な設計です。だからといって分厚くて持ちにくいことはありません。自分の手のサイズに完全にフィットしてます。

手触りはしっとりサラサラ。CMで出てくるような表現になってしまいましたが、まさにそれを体現しているケース素材です。もちやすく、手触りも良い!

機能面

機能に関しても文句のつけようがありません。詳しいことはよく知りませんが「米軍MIL規格取得」というキャッチフレーズがついてます。なんかすごそうです。多分iPhoneをしっかり守ってくれます。一応Wikipediaで調べたら耐衝撃性が評価されてるわけではない場合があると書いてあったけど、多分そのへんは気にしなくて良いはず。なにせ雰囲気がタフそうだから^^

カバーの内側にはクモの巣状の模様があり、ショックを逃がす仕組みが施されています。これで日常利用で落とすくらいの衝撃は吸収してくれそうです。

まとめ

iPhone6以降ラウンドフォルムにフィットする理想のカバーにはもう出会えないとあきらめていたので、ここまでフィットするケースに出会えてほんとうにうれしい!素材は進化するので2年後どうなってるかわかりませんが、きっとメーカーはSpigenを使うことは間違いありません。それくらい気に入ったケースです。迷ったらおすすめ!

 
 

コメントを残す