バーボンの老舗”Four Roses”の蒸留所見学 バーボントレイルinケンタッキー

インディアナポリス

バラの花が4輪配置されたロゴが印象的なバーボン・ウイスキーの老舗ブランド”Four Roses”。バーボンに詳しくはない自分も名前を知っているくらいに日本では有名なブランドです。

ケンタッキー州ルイビルからは車で1時間弱のところにあり、天気も良くドライブ日和なので蒸留所の見学に行ってきました。

[browser-shot url=”http://fourrosesbourbon.com/” width=”500″]

via: Four Roses Bourbon | Four Roses produces 10 distinct Bourbon Recipes each with its own unique character.

のどかな牧場地帯の中にある蒸留所

蒸留所はケンタッキー州の北部で、ルイビルとレキシントンの間よりはちょっとレキシントン寄りに立地しています。今回ルイビルから車で向かったわけですが、道中見える景色がのどかで癒やされました。馬がたくさんいて緑の草原が広がっています。

広がる青空と大地

牧草を食べるウマ

ちょうど暖かくなってきたこともあるし、ケンタッキー州はインディアナ州よりも南にあって先に春が来ていたのだと思いますが、緑がきれいでした。まぶしいくらいに緑でした。家の庭も広く、どこかの公邸かと思うような広さの庭が個人宅だったりするような広大な敷地があります。インディアナ州もたいがいだとは思っていましたが、この地方の家はもっと広大です。

そんな牧場と邸宅がある地域の大通りから少し入ったそれはそれはのどかな丘の上に”Four Roses”の蒸留所はありました。

敷地内もいい感じにのどかです。

無料の蒸留所見学

この手の蒸留所巡りをバーボントレイルと言うそうですが、当然見学ツアーに参加するとお金がかかります。

が、この”Four Roses”はなんと無料です。大手なのでどれほどかかるのかと思っていましたが、無料で見学させてくれるとはなんて太っ腹!懐の深さを感じます。

がち工場見学

蒸留所見学というのは言い換えるとお酒工場見学です。工場見学は大好きなので、前日にもバット工場に行っていますが、どんなツアーなのか楽しみでした。

この蒸留所のツアーはガチで工場見学です。こんな設備が見えてます。

最初は動画で蒸留所の歴史やバーボンについて教えてもらいます。バーボンについてはほとんど無知でしたが、原料にトウモロコシが51%以上含まれるウイスキーを言うそうで、他にも細かいことを言うとあるようですが主にケンタッキー州が産地だそうです。

トウモロコシも穀類なので発酵させてお酒にするわけですが、穀類を加工するときの香りって似てますね。実家がたつの市という兵庫の街ですが、醤油づくりが地場産業で醤油工場からでている香りと似た香りがしました。それから家のある神戸にも灘に酒造があります。酒造見学に行った時も似た香りがしました。

ちなみに樽ってどうしてあの形かご存じですか?私は知りませんでした。
最初にあった説明で酒蔵の中にいれるときに転がして入れているですが、その時に樽の金の部分がレールの上に乗ってきれいに転がっている映像が流れていました。どうやらきれいに転がるようにあの形になっているようです。勝手にあの形になったわけではないんですね。その形になることに理由があることを認識しました。

工場では発酵させているところも見れますし、実際触ってなめてみたりもできます。まだお酒になってない状態なのでまずいですが・・・。

締めは試飲

この手の食品工場の締めはお試しが王道ですが、この蒸留所でもそれはあてはまって、最後は試飲をさせてくれます。大量に飲めるものでもないのでちびっとですが、いつくかある銘柄を飲み比べられます。

ただ、自分はすぐ後に運転をするので最初のやつを少し口にいれただけにしておきました。その時点でもさすがにバーボンはアルコール度数が高くてそのまま飲むとキツイです。ということで試飲はそれほど楽しめたわけではありませんが、雰囲気が良くて楽しかったです。

まとめ

周りの環境ものどかで癒されるし、工場自体も隠れ家的でいい雰囲気を醸し出しています。お酒好き、工場好きはもちろんですが、ブランド化されているのでおしゃれな雰囲気がしていて普通に観光としても良いです。近くに行く機会があればぜひ立ち寄ってください。バーボンが身近になること間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました