ウイスキーの種類

ウイスキーを嗜む会ということでサントリーのウイスキーダイニングフォーダブリュー
Whisky Dining WWW
Wへ行ってきた。
ウイスキーは正直バーボン以外は特徴を知らない。バーボンのことを知ってるといっても原料がトウモロコシということくらい。改めてウイスキーについて知らないことがわかった。
ウイスキーの種類は大きく分けると「スコッチ」「アイリッシュ」「バーボン」「カナディアン」「ジャパニーズ」で、これが世界五大ウイスキーと言われてるものにあたるらしい。なんとなく聞いたことはある気がする。それぞれの特徴をかんたんにまとめるとこんな感じ。
スコッチ
スコットランドのウイスキー。華やかなものからスモーキーなものまで幅広く、近代ウイスキーの代名詞。
代表的な銘柄はジョニーウォーカー、バランタイン、マッカラン、ラフロイグ等。
アイリッシュ
かつては主流だったが衰退。オイリーで穏やかな味わい。
代表的な銘柄はカネマラ、タラモアデュー、キルベガン。
バーボン
トウモロコシを原料にしたウイスキーでアメリカのケンタッキー州が産地。ハードで力づよい味わい。
代表的な銘柄はジムビーム、I.W.ハーパー、ワイルドターキー、アーリータイムズ、メーカーズマーク
カナディアン
軽めで爽やか。アメリカの禁酒法時代に生産拡大。代表的な銘柄はカナディアンクラブ、カナディアンミスト、クラウンローヤル。
ジャパニーズ
日本のウイスキー。スコットランドをお手本に発展した。サントリーとニッカが有名。
白州、知多、竹鶴、余市、山崎、響 等。
色々飲み比べる機会がない中で、今回はジャパニーズ以外はそれぞれ飲めました。ほんとはジャパニーズが一番飲みたかったけど、ちょっと酔ったのもあってたどり着けず。お酒の教養を深める良い機会になった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました