神戸マラソン2018

神戸マラソンに出場してきました。
今まで全く当選しなかったところ今年はついに当選。
念願の初神戸マラソンです。
9時にスタートなので朝は3時間前の6時に起床して、ご飯食べたり準備したり。
カーボローディングというには心もとない準備をこの3日ほどしてきましたが、朝起きたときにおなかすいてなかったのでなんとなく備蓄できてると思いたいという期待をしながらお餅を食べました。マラソン大会の日はお餅派なんです。
都市大会に出場するのは久しぶりというか2回目なのであまり流れがわかってなかったんですが、前日ゼッケンと一緒にもらった冊子には更衣室が会場になさそうだったので、荷物預けてすぐにスタートするタイプなんだと思って着替えてから家を出ました。
8時過ぎに三宮に着くとマラソン大会はじまるよーって空気感になってました。とりあえず荷物預けるところに荷物預けたら、8時20分くらいになってたので預かり時間が残り10分というアナウンスが流れてて滑り込み。その後最後のトイレで用をたそうと並んでたら、第一ウェーブのスタート時間の5分前になってしまったので急いでスタートの列に並びました。ちなみに自分はDブロックだったけど、入ったところがCブロックだったのでそのまましな〜っとCブロックからスタートしました。

スタート前に黄色い手袋で復興の象徴を表すという神戸らしい演出もあり、大会の想いをしっかりと感じられます。その後スタートの合図があると、Cブロックからだと3分遅れくらいでスタート地点に立てました。

スタートから長田あたりまでは人混みが多くてそれほどスピードは出せません。逆に温存するにはちょうどよくて、あまりとばし過ぎないペースで入れました。今回は3.5時間として平均ペース5分弱を刻もうと考えていたんですが、最初の1kmは5分40秒と少し時間がかかってしまったので、その後は5分くらいになるように修正して5分を刻みました。
長田を抜けたあたりは真っ直ぐな道になり、アップダウンも緩やかにあるものの比較的走りやすいエリア。海沿いで眺めも良くて気持ちの良い神戸らしいコースになっています。この頃になるとだいたい同じくらいのペースの人が周りにいるので良いペースで走ることができました。
垂水のアウトレットを抜けて明石海峡大橋が見えてくると折り返し地点。折返し地点はまだ半分にも来ていないので、勘違いすると気持ちが後で折れるなと思い意識してまだまだ先は長いと自分に言い聞かせて淡々と走る。
折り返し後も快適なコースが続きます。先日30km走したときに20km過ぎからペースダウンしてしまったけど、今回は前半抑えたこともあり5分/kmペースを維持して走れました。とはいえやや疲れが溜まってきたのか、同じペースで走ってるけど少しがんばらないといけない感じがしてきました。
実際30kmを過ぎたあたりからペースダウンしてしまい、35kmあたりは1kmあたり5分台後半になってしまいました。ただ今までのように足が全く動かないとか歩いてしまうとか、そういった状態ではなかったので、頑張れる範囲で走り続けました。5分40秒/kmペースで4時間切りなので、そのくらいでも十分いいタイムにはなるだろうということを考えながら気持ちをつないで走りました。
最後は神戸マラソン最大の難関、ポートアイランド行きの高速道への上り坂です。事前に動画で見たりwebで確認してたので難所だということは理解していたのと、なんとなくいけるだろうとかってに思ってましたが、いざ疲れた体で目にするとなんだか長くて急な坂道に見えました。いや、実際そうでした…。でもそこでも歩いたらおしまいと思って遅くても歩かずに足を運んでると、なんとか上り坂はクリア。高速道路上のボランティアスタッフの方が精一杯応援してくれるのと、これが終われば後3kmと思って走り続けました。
この辺りでは足がつらないかちょっと心配でしたが、なんとか持ちこたえることができました。ちなみに坂道は2段階式になっていて、一回上がって平地が続いた後にもう一回上り坂が来ます。意地悪です。このタイミングでなんで2回も…と思うものの、最後だと思って他の人も走ってるのでがんばりました。
上り坂を終えると後は下り坂。飛ばす元気はないのですが、下り坂はブレーキかけずに自然体で下れるようになってきてるので少し楽な気分になれました。
ポートアイランドに入ると最後は平地の2km。自分のランニングウォッチの距離と実際の距離が少し違ってて最後の2kmくらいが長く感じましたが、歩くことなく完走!
結果は3:41:24で自己ベストを30分以上も更新できました。いやー、疲れたけど走ってよかった。景色あんまり見れてなかったかもしれないけど、神戸を走ったってことが気持ちいい。
ゴール地点にはFINISHのアーチみたいなものはなくて、ゴールかどうか近づくまでわからなかったことと、ゴール後は記念撮影するような場所もなくゼッケンについてるセンサーと完走メダルを交換して淡々と荷物をとって着替えて帰りました。

3:30の背中は見えたような遠いようななんとも言えないところですが、サブ4を達成できたので楽しい神戸マラソンになりました。また来年もあたるとうれしい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました